ごまブロ

「楽しい」と「美味しい」をテーマに。お酒と音楽、旅とアートをこよなく愛するアラサーちゃん。

【新宿高島屋】意外と気軽に作れるオーダーメードスーツの世界

f:id:gomachanIK:20190313140035p:plain


 主人の付き添いでスーツを注文する為、新宿の高島屋に行ってきました。

高島屋でオーダーメードのスーツを作りたい。」


最初にそう言われた時は

「百貨店でオーダーメードのスーツ作りたいだと?!」


と頭から角が生えかけた私ですが、詳しく話を聞いたら結構お手頃な価格で作れることを知りました。

 

また、私の主人は小柄で細いのに肩はガッシリしているので既製品だと直しを入れないと着れない、直すコストがかなり高くつく、という現実があるらしく、体型に悩みがある方にとっては良い選択の1つだな、と思ったのでご紹介します。

まず、タイトルにオーダーメードと書きましたが今回注文したのはイージーメードというものでした。

 

オーダーメードとイージーメードの違いはざっくり言うと、

・オーダーメード:スーツを作る過程の仮縫いの段階で試着・再採寸する。
・イージーメード:最初の採寸だけで縫製までしてしまう。

という違いがあるのだそう。

 

感想

①意外と手頃に作れるんだな
②布から形からポケットの種類など大きな枠から、ボタンや裏地、ステッチなど細かいところまで選べて楽しい

 

①意外と手頃に作れるんだな


選ぶ布地によりますが、
今回はセール期間中ということもあり、2着で59,400円から作れる
ということでした。

イージーメードとはいえ、
採寸して体に合うものを作る一点ものを、その金額で作れるのすごい…!

確か私が某量販店でスーツをセットで買ったとき4万円くらい払った気がする。

布の良し悪しは分からない私達なのでスタッフの方に相談しつつ布を選びました。
私は初めてだし日本製のお手頃な生地で作ればいいのでは?、と思っていたのですが、旦那はミーハーなのでイタリアの生地を選びたがっていました。


確かに並べてみるとイタリアの生地の方が滑らかで光沢があって高級感あるけど君に必要なのか?!という本音が喉まででかかったけど、車と同じように男性にとってはステータス的なものなのかなあ?と思ったので、好きなので作ったら?と言いました。

結果、1着は日本製の撥水加工がされた生地で、一着はイタリア製の生地で作ることに。


②いろいろ選べて楽しい

私としてはこの工程が一番楽しい。
以前、テーラーフクオカでスーツを作ったことがあるのですが、その時は正真正銘、初めてのオーダースーツだったので、あれこれ眺めて2人でパーツを選ぶのが楽しかったことを覚えています。

今回はセールだからか、イージーメードだからなのか、はたまた主人に特にこだわりがないことを見抜かれたのか、ボタンや裏地はシンプルなものの紹介のみでした。

テーラーフクオカでは裏地にペーズリー柄の布をあてて、それがとても可愛くてお気に入りだったので柄物を選びたかったのですが、今回は無地の物しか選べませんでした。希望すれば出してもらえたのかなあ?


ただそれは私の細かいこだわりの話であって、それ以外にも選べるものは無数にあって魅力的なので簡単にご紹介します。

選べるもの

①布
②モデル(型)
③ディテール

①布


上記で述べた通り。
セールとはいえ多分100種類近くの生地から選べました。
色味は黒、ネイビー、茶、ブルー系統が多かったかなあ。
柄は無地、ストライプ、チェックなど。比較的シンプルで誰にでも身に着けやすいものが多かったと思います。
日本の生地は尾州産のものが多かったです。

②モデル

高島屋のイージーメードでは4種類のモデルを選べます。
BRITISH、MILANO、NAPORI、INTERNATIONALです。
これはカタログでも紹介してもらえますし、採寸しながら試着もできます。
主人は細身なのではじめBRITISHとINTERNATIONALを勧められていましたが、実際試着してみたところ、肩が厚いということでMILANOというモデルでお願いすることにしました。

この採寸しながらの試着の時に、「ジャケットの裾の長さこれくらい詰めますか?」「腰周り少し締めましょうか」などとテーラーさんと相談しながら体に合うものを作れるのが、とってもいいなあと思いました。

③ディテイール

多分ここが一番、人から見られた時にオーダーメードだ!と分かるポイントであり、オシャレな人が楽しいところなんじゃないかと思う。うちの主人はあまり冒険をしないタイプなのでジャケットのベントをサイドベントにしたくらいであとは一般的なものでオーダーしていた。

サイドベントとはジャケットのスリットみたいなものが後ろでなくサイドにはいるデザインのものです。初めて作ったスーツをサイドベントにした所、仕事で人から褒められることが多かったようで彼はお気に入りなのです。

 

まとめ

 

体型に悩みの多い主人が満足のいく買い物ができたようで良かったです。

オーダーメードは高価で敷居が高く、手を出しづらいイメージがありました。

でも、実際は思っていたより身近で、ジムのパーソナルトレーニングのように ” 自分に合ったものを自分に合った方法で得る手段としてとても価値のある物 " だなあ、と思いました。

 

高島屋では2か月に1回くらいイージーメードセールをやっているらしいので気になる方はその機会に是非!