ごまブロ

「楽しい」と「美味しい」をテーマに。お酒と音楽、旅とアートをこよなく愛するアラサーちゃん。

日光金谷ホテル▷歴史ある、クラシカルなホテルで優雅にランチ。いつもと一味違う、特別な日光はいかが?

f:id:gomachanIK:20190313134106p:plain


日光にある、金谷ホテルをご存知ですか?

日光東照宮の近くにある、明治4年創業の歴史あるクラシックホテルです。 

クラシックホテルとは

f:id:gomachanIK:20181223133825j:image

クラシックホテルとは
戦前のホテル黎明期に創業した、西洋スタイルを取り入れたホテルのこと。

なんでも、日本でクラシックホテルと名乗れるホテルは、9つしかないのだとか。
今回はそんな趣きと、魅力の溢れるホテルのでの素敵なランチをご紹介します!

季節のスペシャルランチ

スープ、パンorごはん、メイン、サラダ、デザート、食後のドリンク
【料金】¥3,600(税・サービス料込み)

野菜のクリームスープ

f:id:gomachanIK:20181223133133j:image

メイン料理

メインのお料理は、お肉と魚から選べます。

(1)霧降高原牛のポワレ

日光たまり醤油とレホールのソース 秋野菜を添えて

f:id:gomachanIK:20181223133231j:image

お肉が柔らかくって、お口の中がとてもしあわせなことに・・・!
たまり醤油のソースと和わさびのハーモニーがたまりません。お野菜もサックリ軽い食感でペロリと平らげてしまいました。

(2)日光虹鱒のソテー 金谷風

f:id:gomachanIK:20181223133302j:image

こちらのメニュー、金谷ホテルの名物です。

ふっくらと柔らかな虹鱒の身と、やさしい甘さのソースがよく合います。

虹鱒のお顔ってかわいい・・・!!

本日のデザート

f:id:gomachanIK:20181223133334j:image

今回いただいたのはこちら、ヘーゼルナッツのアイスクリームでした。
ナッツの香りと粒感が、お口の中にぶわっと広がりました!
ハート形のウエハースもとてもかわいらしい。

 食後のコーヒーと、とってもよく合いました。

f:id:gomachanIK:20181223133414j:image


ホテルを散策しよう

お食事の後は館内や、お庭を散策するのがおすすめです。
館内はレトロでとてもかわいらしい雰囲気。お食事をいただいたダイニングルームの手前は中華テイスト。

f:id:gomachanIK:20181223133830j:imageかと思えば、その脇にある待合室は西洋風。
一見違うテイストのようですが、レトロな雰囲気の中それぞれの個性が溶け合っていて素敵な空間となっています。

f:id:gomachanIK:20181223133834j:image

中庭はとても広いです。この時期は紅葉がとても美しく色づいていました。
f:id:gomachanIK:20181223133838j:image

敷地内にはギャラリーも。金谷ホテルや日光の歴史について学ぶことができます。
f:id:gomachanIK:20181223133529j:image
ホテルの出入り口です。赤や黄色、まだ緑の葉がそれぞれ折り重なって美しい。
f:id:gomachanIK:20181223133526j:image

いかがでしたか?

時にはクラシックホテルで、歴史や季節、その土地で生きた人々に想いを馳せる、優雅なひと時を楽しんでみませんか?

 f:id:gomachanIK:20181223133045j:image

http://www.kanayahotel.co.jp/nkh/