ごまブロ

「楽しい」と「美味しい」をテーマに。お酒と音楽、旅とアートをこよなく愛するアラサーちゃん。

【マリアージュフレール】アールグレイラプソディ( EARL GREY RHAPSODY ) を飲んだ感想【白茶】

f:id:gomachanIK:20190609181659p:plain

大好きなマリアージュフレールで、アールグレイラプソディーという限定のお茶を買いました。今回は茶葉の考察や淹れ方などをまとめてご紹介します。

 

 

アールグレイラプソディーとは

f:id:gomachanIK:20190609121732j:image

 

さて、マリアージュフレールアールグレイラプソディとはどんなお茶なのでしょう?パッケージでは、このように紹介されていました。

 

選び抜かれた白茶に、喜びに満ちたカラブリアベルガモット

 

ようするに、ベルガモット(柑橘系)の香りのする、中国茶ですね。

 

茶葉と淹れ方

茶葉と淹れ方について簡単にお話します!(自己流&自己解釈です)

 

 

 

茶葉について。アールグレイ、白茶とは?

f:id:gomachanIK:20190609122235j:image

 アールグレイとは、ベルガモット(柑橘系)の香りづけをしたフレーバーティーのこと。白茶とは、ざっくりうと中国茶のことです。(発酵の仕方や製法の話はWikipedia先生が詳しいです)

 

大き目の葉と茎が入った茶葉。ベルガモットの良い香りがします。

 

低温でじっくりと!アールグレイラプソディの淹れ方

f:id:gomachanIK:20190609122340j:image

マリアージュフレールのお茶は、箱を開けたココに淹れ方が書いてあります!

 

INFUSION:7min-85℃-5g-20cl

 

5gの茶葉を85℃20cl*1のお湯で7分間蒸す、とのこと。店舗のスタッフさんは「もっと低い温度で、ゆっくり抽出しても、おいしく飲めますよ」とおっしゃっていました。

 

 

 

 

じっくり、ゆっくり!そのお味は?

f:id:gomachanIK:20190609190122j:image

透明な器と、白い器で淹れた色味です。明るいイエローがとても美しく、ベルガモットの香りとあいまってとても美味しそう!


f:id:gomachanIK:20190609190128j:image

茶葉の様子はこんな感じ。

 

アイスティーにするといいかも!飲んだ感想

ちょっと低温で淹れすぎたかな?飲む頃には、随分お茶が冷めてしまいました。中途半端な温度で飲むよりも、氷を入れてアイスティーにしてしまうのが正解だったかも!

 

お茶は奥が深くて難しい。今回は満足いくものを淹れられなかったので、おいしく淹れられるように、練習をしていこうと思います!

 

 

関連記事

www.gomachanik.com

www.gomachanik.com

*1:ヨーロッパで一般的に使われている単位表記。1cl=10mlですので、今回の場合は200mlのお湯で淹れるということです。